お家ブッチャー上級編!?骨付き塊肉で豚の角煮!!




アメリカのスーパーで売られている塊肉。
うまく活用すれば、薄切り肉やミンチなどなど自分でカットしていろいろ使い分けができます。
詳しくは薄切り肉もミンチもお家でできる!塊肉活用でお家ブッチャー!!
でもね、大きな塊肉を買うと、骨がついてきたりするんです。これがやっかい。
ってことで、、、

塊肉の骨付き部分を使って角煮を作ろう!

pork1.jpg

塊肉はいろいろ使い分けができて便利なのですが、大きな塊だと骨付きがほとんど。
また、大きな脂身部分がついています。

pork8.jpg

骨のまわりのお肉をきれいに取り外すのはとても時間がかかります。
でも、時間をかけてはずしているとお肉が傷んでしまいます。
そこで、無理に骨からお肉を外さずに、こんな風にカットします。

豚肉塊解体

ピンク色は骨がついているお肉。
黄緑色は脂身がたっぷりついているお肉。
青は赤身が中心のお肉。

豚肉
脂身のついている部分をみてみると、バラ肉そのもの。
角煮にぴったりです。
赤身が中心のお肉はミンチにすると便利なので冷凍。



さてさて、お肉をカットしたら、骨のついたお肉と脂身がたっぷりついているお肉で
角煮をつくります。

豚の角煮の下茹で 豚の角煮下茹で

お鍋で水からゆでて、角煮の下ごしらえ。
生のお肉のときに骨から肉を外すのは、時間もかかるしお肉も傷むし本当に大変。
でも、しっかりゆであがってさました後のお肉はするっと骨から外れます。
それを適当なサイズに切って角煮にするのです。

豚の角煮

しっかり煮込んだ角煮。
脂身部分はとろんとしてやわらかく、臭みもなく、とってもおいしいです。
骨の周りの赤身もお箸で崩れるやわらかさ。
手間も無駄も減って、そのうえ、とってもおいしいですよ。



posted by かんさん at 04:09 | *お料理のツボ*
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。