骨つき鶏もも肉徹底活用第二弾☆鶏皮大活用




アメリカのスーパーで売っている鶏肉。
骨付き、皮付きが基本。
丸ごと使うお料理には皮付きがおいしかったりしますけど、
皮って邪魔なときもありますよね。
ってことで、

骨つき鶏もも肉を使いこなそう!
第二弾は、鶏皮大活用

アメリカの鶏肉ファミリーパック

骨付き鶏もも肉の簡単処理&骨活用についてはこちらをごらんください。

骨付きもも肉ってのは、骨だけじゃなくって、皮もついてます。
皮ってお料理によっては邪魔者なときもあります。
パスタにチキン!なんてときに、皮がべろ〜んってはいってるとあんまり見た目がよくないし、脂もたくさんでてくるし、、、


ってことで、どうするかっていうと、



冷凍してためておく。

鶏皮用のジップロックを用意しておき、使わなかった鶏皮をどんどんそこに貯めていく訳です。
そして、ある日、、、


鶏皮せんべい

鶏皮せんべい!


鶏皮の使い道で一番に思い浮かぶのはやっぱり焼き鳥の「皮」。
でもね、あの中途半端なグミーさがいまいちという方も多いでしょう。
でも、弱火でじっくりと火を通してやると脂がおちてぱりぱりになるんです。

鶏皮せんべいの作り方



<作り方>
鶏皮を塩で軽くもんで、ステーキパンで弱火でじっくり焼く。
(お塩はおいしい物を使いましょう。)


ステーキパンは、ギザギザが入っているので、
鶏皮から出る大量の脂がどんどん下に落ちていきます。
弱火でじっくりと脂が落ちるのを待ちます。

ステーキパンなんてないわ〜っていう方は
普通のフライパンで焼きながら、キッチンペーパーで脂を吸いとります。
脂がはねるのでご注意を。

えっ、これが鶏の皮?
と思うくらいの絶品な一品になります。
お酒のつまみにもぴったり。
皮にはコラーゲンもたっぷり含まれていますから、女性にもおすすめです。


もうひとつおすすめの鶏皮活用法。。。


(鶏皮ででとった)チキンスープ

鶏皮スープの作り方


鶏皮でスープ?
と思うかもしれませんが、とってもいいスープがとれるんです。

<作り方>
ストックした鶏皮お水を張った鍋に入れて沸騰させた後、弱火にして30分から1時間くらい。

ただし、鍋一杯のスープを鶏皮だけでとろうとするとほんとに大量の鶏皮が必要。
5〜6枚の鶏皮だったらできあがりのスープの量が1〜2カップ弱くらい。
味見をして薄いようなら、しばらく煮詰めます。
鶏ガラや骨でスープを取るときに一緒に加えてれば、もっと効果的にスープがとれます。

できたスープを冷蔵庫にいれておくと、プルルンと煮こごり状に。
これが女性のお肌に必要なコラーゲン。
表面浮かんで塊になっている脂をすくってすててしまえば完成。
(作ってすぐに使うときには煮詰めた後に表面の脂をおたまですくってください。)

作ったスープで簡単茶碗蒸しなんかいかがですか。
お出汁の茶碗蒸しとはちょっと違った洋風のおいしい茶碗蒸しができますよ。



スープを取った後の皮だって、こんな料理に早変わり。

鶏わさ

鶏わさ

<作り方>
茹でた鶏皮を薄く切り、わさびと醤油であえる。
好みで、ネギ、胡瓜やみょうが、はならっきょうなどを刻んで加えてください。
(写真はネギがはいっています。)

わさびが鶏皮の臭みを取り去ります。
ちょっとした付きだしになりそうな一品です。


ちなみに、「鶏わさ」のアイデアはこちらの本からいただきました。

4870312778ひと月9000円の快適食生活
魚柄 仁之助
飛鳥新社 1997-04

by G-Tools



スープをとったあとの鶏皮でも鶏皮せんべいにすることができます。
鶏皮のぶよぶよ感が嫌いという方は、
鶏皮スープ&鶏皮せんべいの2弾活用がおすすめです。



posted by かんさん at 04:46 | *お料理のツボ*
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。